便利だけど怖いよ

キャッシングは手元にお金がない時にはすごく便利なもの。でもやはり注意が必要です。
私も以前キャッシング利用者でした。

初めは1万円からスタート。すると不思議なもので借りているという感覚ではなくなるんです。機械からお金がでてきますので自分の口座からお金をおろしているような錯覚。

またすぐにキャッシングしてかえせばいいや、という安易な気持ちが本当に沸いてきます。事実私も返済分をまたキャッシングして返す…という作業を繰り返していました。途中返済分より1万円上乗せして借りたりもしました。

こんなことをしているうちに返済額はあっという間に膨らみます。気付いた時には手遅れ。まさにそんな状況です。

すぐにお金を用意してくれるキャッシング。便利なものですが使い方を間違えると本当に怖いです。自己破産すればいい…そんな意見もたまに耳にしますがそんなことはもってのほかです。世の中そう甘くありません。1万円をかりるといくら返さないといけないのか。きちんと考え計画を立ててから借りるべきです。

そもそも手持ちがないからキャッシングなんて本当に馬鹿げています。キャッシング会社の誘い文句に引っかからないように乗らないように!あの頃の私に伝えたいです。