便利だけど怖いよ

キャッシングは手元にお金がない時にはすごく便利なもの。でもやはり注意が必要です。
私も以前キャッシング利用者でした。

初めは1万円からスタート。すると不思議なもので借りているという感覚ではなくなるんです。機械からお金がでてきますので自分の口座からお金をおろしているような錯覚。

またすぐにキャッシングしてかえせばいいや、という安易な気持ちが本当に沸いてきます。事実私も返済分をまたキャッシングして返す…という作業を繰り返していました。途中返済分より1万円上乗せして借りたりもしました。

こんなことをしているうちに返済額はあっという間に膨らみます。気付いた時には手遅れ。まさにそんな状況です。

すぐにお金を用意してくれるキャッシング。便利なものですが使い方を間違えると本当に怖いです。自己破産すればいい…そんな意見もたまに耳にしますがそんなことはもってのほかです。世の中そう甘くありません。1万円をかりるといくら返さないといけないのか。きちんと考え計画を立ててから借りるべきです。

そもそも手持ちがないからキャッシングなんて本当に馬鹿げています。キャッシング会社の誘い文句に引っかからないように乗らないように!あの頃の私に伝えたいです。

はじめてキャッシングを利用してみた

私が最初に銀行で口座を作ったときには、住民票を使って銀行口座を開設したので、クレジットカードは作りませんでした。
その当時はクレジットカードの必要性をあまり感じることが無く、将来キャッシングローンを利用することも無いと考えていました。
しかし人間とは変わるもので、最近になってパソコンを購入してインターネットでキャッシングローンの情報を目にするたびに、クレジットカードを契約してみようかなと考えが変わってきています。
クレジットカードがあれば、お金が無いときにもインターネットでお買い物が出来て便利だし、キャッシングローンも計画的に利用することによって、日々の生活を向上できると思い始めています。
インターネットの情報サイトを巡ると、キャッシングローンに関する色々な情報を目にすることが出来て、キャッシングローンの利便性などを理解することが出来ます。
やはりお金と言うものは、日々の生活に必須のものであり、より生活の質を向上させるためには積極的にお金を使うことが大切だと実感しています。
実際にキャッシングローンを契約する場合には審査がありますが、私は審査の緩い所で契約したので、簡単にクレジットカードを所有できました。
クレジトカードを使ってキャシングローンを体験してみると、お金に対する計画性の重要さを改めて実感します。

キャッシングって

私はキャッシングはした経験がありません。キャッシングと言えば聞こえはいいかもしれませんが借金ですよね。カードすら怖くて使っていない私としては、キャッシングは出来れば一生お世話になりたくない存在です。でも学生時代の友人ではかなりの人がキャッシングを利用していました。全員男の子でしたが、私の周りでは女性でキャッシングを利用している人は一人も知りません。もしかしたら女性の場合は、恥ずかしいという意識が働いて隠される方もいるのかも知れませんね。キャッシング=お金にだらしないというのは厳しすぎる見方なのでしょうか。私は事情がなんであれ、現在の手持ちのお金で買えない物は買わない、出来ない事はしないと言うのが節度ある行動だと考えています。仕方のない事情があって利用されている方も勿論いらっしゃるとは思いますが、私の周りにいたキャッシング利用者は、ほとんどがギャンブルか遊びに行く資金の為に使っていました。また返却の目途がないままに借りてしまう人もかなり居ました。次のバイト代が入っても返済分に足りないので更にお金を借りてパチンコで増やす、など危ない橋を渡り続け結局借入金が数百万に達しご両親に面倒を見てもらったという人も知っています。それは極端な例でしょうが、私は収入以上の買い物も遊びもするべきではないというのが信条です。正直キャッシングはちょっと怖いです。

計画的に利用すればOKだと思う

正直キャッシングに対する私のイメージはあんまりよくありませんでした。
お金の管理をきちんとできない人、金遣いの荒い人が利用するものだと思っていました。
でも実際のところ、きちんとしている人でもお金がなくて困るということがあるものです。
私も自分ではお金の管理はきちんとしていてキャッシングには縁のない人だと思っていましたが、ある日お金に困る出来事がおきました。
なんとひと月に友人の結婚式が3回です。
欠席することも考えましたが、欠席の理由でウソをつくのも嫌だったしせっかくのおめでたい結婚式ですから友人として出席するべきだと思って何とかお金をやりくりしようと思いました。
でもその頃私はいわゆるフリーターでアルバイト生活です。
ボーナスなんて当然ありませんし、お給料日が来ても結婚式3回分プラス生活費だと全く足りません。
家族にお金を借りることも考えましたが、その家族もお金にあまり余裕がないようでした。
そこで初めてキャッシングの利用も選択のひとつに考えるようになりました。
まずアルバイトでお金が借りられるかということすら疑問だったのでインターネットで調べました。
アルバイトでも一定の収入があればお金が借りられるということがわかってほっとしました。
すぐに融資してもらったので無事にすべての結婚式に出ることが出来ました。
もちろん返済も計画的に考えていたので早い段階で完済できました。

海外旅行でのキャッシング

キャッシングを利用したことはありますか。私は何度か利用したことがあります。国内では一度も利用したことがないのですが、海外旅行の際には現地でたびたび利用しております。海外旅行では、普段はクレジットカードで支払いをしておりますが、クレジットカードが使えないようなお店もあるため、やはり手元に幾ばくかのお金を持っておく必要があります。でないといざという時に対応できません。

海外旅行を行き始めた当初は、例えば成田空港で少しの円を行き先の通貨に換えておりました。ただしご存じの通り、実際の為替レートに対してマージンがたくさん取られてしまい、換金率はクレジットカードと比べるととても悪いです。現地にも通貨の換金所は至る所にありますが、やはり換金レートは悪いです。そこで現地でのキャッシングを考えました。

通常ユーロの換金を考えると、円からユーロで1ユーロあたり4円以上、ユーロから円で1ユーロあたり4円以上とおよそ10円ぐらい損が生まれます。クレジットカードでは50銭から1円程度しかありません。肝心のキャッシングですが、銀行にもよりますが1~2円程度の差で換金できることが多いです。この違いはかなり大きいです。もし海外旅行をする際に現金が必要になりましたら、現地でのキャッシングを考えてみてはいかがでしょうか。きっとその換金率の高さに驚かれると思います。

困ったときとても便利なキャッシング

ずっとキャッシングには、マイナスなイメージしかありませんでした。
子供のころから、どんなに困ってもお金は借りないようにしようという、漠然とした思いがあったんです。

そんな私の考えが少しずつ変わっていったのは、社会人になって数年目のことでした。
当時、自営業をしている人と知り合ったんですけど、その人は売上が芳しくないときにキャッシングを利用しながら生計を立てていたんです。

ちょっと興味津々で聞いてみると、「お金の工面ができないときには、すごく便利なものだよ」と。
誰か親戚とかが貸してくれるならいいけど、世の中そんな甘くないって言ってました。
お金が用意できないと、自営業者としても苦しいと。

そういうとき、キャッシングの存在というのは、本当に有難いものなんだそうです。
業績が悪いと、家族みんなが最低限の食事さえとれないことになるので、それだけは絶対避けなければいけないんですよね。
もちろん、順調に売上を伸ばしていけば、キャッシングの返済も苦じゃなくなります。

この話を聞いてから、今まで自分が知らない世界があったことに気づき、キャッシングは悪いものじゃないんだと思うようになったんです。

利子などをちゃんと計算して、計画的に借りるということは守るべき点ですが、それさえ頭に入れておけば仕事以外でもお金を借りたい!ってときに便利に利用できるところだと思います。

融資会社の選び方

こんにちは、急な出費時など、カードローンを契約しキャッシングしてお金の用立てをする事があるかと思います。
そこで皆様はどの様に数ある中の融資会社を選択してますでしょうか。
何か特別な理由がありその融資会社に決めているのでしょうか。
キャッシングする選択理由は様々あるのではないでしょうか。
消費者金融で融資をお願いするのか、また信販系で契約するのか。
そのなかで、重視しても失敗はないかと思う事があります。
それは、大手企業が良いのではと思います。
大手企業は運営資金面で優遇されている点です。
名前も有名ですので、安心して取り引きを出来るのではと考えます。
最近では、総量規制により自身の年収の1/3を超える借金は認められなくなりました。
そう考えた時には銀行系など総量規制の制限が適応されないケースもありますので、キャッシングするのに銀行系も視野に入ってくるのではないでしょうか。
利用目的に応じて、それぞれ選択して行く事が大切になるかと思います。
気おつけた方が良い事もいくつかあります。
それは、あまり表に名の出ない会社は出来るだけ手を出さない方が無難と言えます。
違法な金利を請求されたりと、危ない橋を渡りたくない方は是非避ける事を心がけましょう。

利用するときの鉄則

うまく利用すれば便利なものには間違いありません。しかし、キャッシングは借金ということも間違いのない事実です。
キャッシングを利用する際に絶対に心がけなければならない鉄則が二つあります。
一つ目はキャッシングをする際には借り出す金額は必要最低限の金額にするということです。必要以上の金額を出すことは自分に甘くなっている証拠でもあります。現金が簡単に借り出せるキャッシングではありますが、そのお金はいずれなにがしかの利息をつけて返さねばならないということです。それをよく考えて必要以上の金額はキャッシングをしないことです。それは後々自分にはね買ってきます。
二つ目は返済はできるだけ短期間に済ますということです。金利というものは当たり前の話ですが長期に借りれば借りるほど大きくなっていきます。そのうえ、短期間に返済するということは返した分だけは確実に残高は減りますから精神的な負担も減っていきます。
この二つを鉄則としてキャッシングをすることです。これは、金利というものは借りた金額と借りている時間にかかっていくものでありますから、この二つを小さく短くするということは当然といえば当然なことなのです。

借り過ぎには注意!

社会人8年目。丁度5年たったあたりに体の不調で急遽仕事を辞め、生活に困った際にキャッシングを利用したことがあります。頼れる人もおらずどうしようか途方に暮れてしぶしぶ利用したのですが、ここで借りることができたからなんとか今日までやってこれたと考えています。当然借り過ぎには注意するようにしていました。ともすれば、いくらでもお金が出てくる打出の小槌のように思えてくるといいます。キャッシングはいざというときにとても便利な代物ですが、あくまで自制できる心の強さがあってこそ、うまく活用できるものではないでしょうか。まずはお金に対するリテラシーを学ぶこそが必須です。たとえば金利。いつまでも金利だけを返し続けることにならないように、重々注意しなければなりません。学校でお金について学ぶことはあまりないにも関わらず、大人になってしまえるというのはとても怖いことですね。多重債務に陥ってにっちもさっちも行かなくなる人は結構いるのではないでしょうか。お金に使われない強い心を持って、効率よくキャッシングは利用しましょう。そうすれば、きっと怖いものではなくなりますよ。要は、わかって使っているか、ということです。お金は使っても使われるな。

キャッシングは許容額を決めて利用すればOK

消費者金融等でキャッシングを使う事に抵抗がある方は多いです、今と違って高利貸し時代の超高金利で自己破産者続出で社会問題になったイメージが
未だにあり、何か危険な印象があります。

しかし、今では利息制限があったり、借金総額に上限設定があったりするので、昔のような危険さは無いです、それに今も昔は返済計画が明確ならば
使い方によっては非常に便利なものです、キャッシングは現金をすぐに用立ててくれるので、何か急な出費の時には非常に助けになってくれますし、使い方
次第では大変強い味方になってくれます。

なので、自分ではどれ位の借金額までなら、返済に困る事が無いかを計算して線引きすれば良いでしょう、消費者金融を例にすれば総量規制で
年収の3分の1以上の借入は禁止です、しかし、人によってはその基準まで借入を行うと返済がキツイ人、全然余裕な人、個人差が大きいです。

なので、自分がどれ位の額までならキャッシング利用しても大丈夫なのか把握してみるのが良いでしょう。
そしてその額以上の借り入れは絶対に行わないというようなリスク管理が出来ていれば、状況によってキャッシングする事は非常に心強い味方ですし
日々の暮らしにとっても非常に役立ってくれます。

お友達から、上手に消費者金融のキャッシングを利用した話を聞きました。

キャッシングといえばわたしはどうしても消費者金融を連想してしまって、取立てが厳しいとか
利息がすごく高いとか、あまりいいイメージを持っていなかったんです。

でも先日お友達が、有名な消費者金融でキャッシングをしてとても便利だったという話を聞きました。
彼女はその月、親戚や知人の子供さんの結婚式が2件もあってお金が無かったときに、友達から
1泊とまりのバス旅行に誘われたんだそうです。

ぜひ行きたいけど給料日前でお金はないしどうしようと困っていたとき、彼女は大手の消費者金融で
初めて利用する人は30日間無利息というCMをやっていたのを思い出したんですって。
ためしにと思ってその消費者金融のホームページを見てみると、ちゃんとお金を借りるためのフォームが
用意してあって、住所や名前、保険証の種類や番号などを書き込んで送信したら、手続きはあっという間
だったと言っていました。

勤続15年の彼女はすぐ審査もとおり、その日のうちにお金が振り込まれたと聞いて驚きました。
消費者金融のキャッシングって、ほんとうに手軽で早いんですね。借りたお金は給料日の次の日に
返したので、利息もまったくかからなかったそうです。お金を返すのことも、近くのコンビニから
できたので本当に便利だったと言っていました。

ちゃんと法律ができたので消費者金融もそんなに法外な利息は取れないそうだし、彼女のように短期間に
ちょっと必要なお金を借りるのならば、スピーディーで便利な消費者金融を利用したキャッシングも
なかなかいいんじゃないかと思いました。

カードローンや消費者金融でのキャッシングだけなぜ人は抵抗を感じるのか

私はカードローンや消費者金融でのキャッシングは今までしたことはありませんが、買い物でリボ払いが限度額上限にまで達してしまい現在ゆっくりと返済中です。
金利が高いので、銀行系のカードローンに借り換えを考えています。

そこで思うのは、人はカードローンや消費者金融でのキャッシングには抵抗ある人が多いのですが、その他のローンには抵抗がないというのが不思議だと思います。
住宅ローンやマイカーローン、奨学金のキャッシングの一つです。それらも言ってみれば同じキャッシングですが、別にそれらを隠そうとする傾向はあまりありません。
しかしカードローンや消費者金融でのキャッシングは、あまり人に言いたくありません。この違いは何なのでしょうか?

私が考えるに、住宅ローンやマイカーローンは目的が明確にあります。家を買う、車を買うという人生のステータスとして必要なことだと思えば、働いてそれに見合った返済をするのであればむしろプラスに捉えている人も多いのだと思います。
しかしカードローンなどは、目的がはっきりとしていません。元々あまりいいイメージがない為、パチンコなどの遊興費で作った借金というイメージもまだまだ強いかもしれません。

しかし、何かしら事情があって必要に迫られてキャッシングを行なう人もたくさんいます。それは住宅ローンなどと変わらない、人生設計のうちの突然のアクシデントともいうべき必要なものです。

むしろ銀行系では金利が安いところも増えました。
もう少し、カードローンなどにも使い方によっては寛容的な目で見てもいいのではないかと思います。

キャッシングの魔力

カードを持っているとついつい自分の支払い能力を越えて使ってしまう。「まだいいかな」「生活費をけちれば」「来月に回そう」などと色んな言い訳を頭のなかで考えながら、どんどん使ってしまう。自分が弱いからそういう自体になるということも理解しているがそれでもこの癖は治らない。癖というよりかはほとんど病気である。

先月は支払上限にほぼ達しているのに、そこからパソコンを購入してしまった。15万円ほどのオーバーである。キャッシュで買っていた頃は手元に現金を置いて冷静に考えてから購入していたのに今はそういうことをしない。思いつき、物欲だけでどんどん買ってしまう。インターネットで購入するときも同じだ。

どうしたら良いものか、カードを解約してしまえばいいのだが、カードから毎月引き落とされる支払いもあるし、一気に不便になってしまう。強い気持ちを持てという精神論が一番の打開策なのかもしれなが、今まで何度も太刀打ちできずに敗れてきている実績がある。

手元に現金が見えないとここまで感覚が麻痺してしまうものなのだろうか?

そういえば昔は財布の中身がいくらあるのかを時々チェックしていたが最近はしなくなってしまった。「無くなったら追加する」を繰り返すスタイルだ。今月使える金額と、財布の中に残っている金額と、それに見合った買い物の仕方がまったくできていない。

コレもキャッシュカードでたくさん使ってしまう現象と何だか似ている気がする。

要は今自分がどれぐらい持っていて、どれぐらい使っても平気なのか把握しておくことが大事だということです。その感覚を失ってしまったら取り戻すのは大変そうだが、この時点でくづいているということはまだ救いがあるんだと思う。これからは節約していこうと思う。

企業からのキャッシングというのは社会的に必要

当たり前になり過ぎていて逆に意識をしていないことですが、日常生活でお金がかかわらない日はありません。

 毎日、何かしらお金を使って買い物をしたりしますし、たとえ買い物をしなくても、水道光熱費などには常にお金がかかっているからです。ですので、お金を定期的に得るということは私たちの生活においてとても重要なことだと私は思います。

 しかし、日々を生きていれば、そのお金がどうしても足りなくなってしまうことがあります。そんなときは、誰かからお金を借りて何とかするしかありません。それは、家族や友人などの身近な人間関係に頼るときもあれば、消費者金融やクレジットカード会社などの企業からキャッシングをすることもあると思います。

 身近な人間からお金を借りるのと、企業からのキャッシングをするのとで大きく違うのは、やはり金利があるかどうかに尽きます。

 企業からのキャッシングというのは、やはりそれを商売としているわけですから金利がついて当たり前です。しかし、世の中にはお金を借りられるような身近人間関係が一切ないという人もいますので、企業からのキャッシングというのは社会的に必要なことだと私は思います。

 企業からのキャッシングは、金利の分だけ返済のリスクはありますが、それをきちんと考慮していればとても有効的なものだと私は思っています。